夢を紡ぐwebマガジン【凛】- 夢を紡ぐwebマガジン -

お金に左右されずにお客さんが求めているベストな物件を出す。最初に決めていたことなのでそこは絶対変えないですね。

対峙した者に誤解を与えかねない風貌。だが真の姿はお客様の満足を第一に考える不動産業界のオアシス・洌崎博一氏。

法律家を志した彼だからこそ見える業界の問題点。不動産業界を変えるという想いについて、詳しい話を伺いました。

 

違いが出るのは人間性

 

――事業者向けの貸事務所の仲介等をされていますが、他社との違いはどういったところでしょうか。

 

不動産業、特に仲介業っていうのは特徴を出すのがなかなか難しい分野ではありますね。特徴が出るとすれば人間性。僕はもともと法律を勉強していたので、他社の営業マンより契約に対しての詳しい説明はできているかと思います。

 

この業界はわりといい加減なところがあって「とりあえずここにサインしといて下さい」とか、きちんとした説明をしない営業マンが多いんですよ。賃貸マンションとかだと特にそんな感じですよね。

 

僕がやっているのは事業用の貸事務所ですけど、契約行為=法律行為という部分は意識してきちんとやっていますね。

 

あとはヒアリングに充分時間をかけた上でご提案し、しっかり納得して頂けるところをご案内しています。

 

――そもそも不動産業界に足を踏み入れた経緯を教えてください。

 

大学卒業後に、姉夫婦が主宰の和太鼓グループを手伝っていたんです。全国公演しているので、実際は姉夫婦の子どもの面倒と炊事係ばっかりしていました。

 

2年くらい手伝っていたんですけど、芸能の世界は馴染めなかったんで、自分のやりたいことをやろうと思って辞めました。

 

やはり法律の世界に未練があったので、司法書士の勉強と生活を両立させるために派遣会社で働きました。

 

そして派遣社員として働いてるときに妻に出会ったんですよ。派遣会社の僕の担当者でした(笑)

 

ただ、僕は単なる派遣社員だったんで結婚するにあたって何か資格をということで宅建を取って、宅建だったら不動産しかないなってことでこの業界に入ったのが始まりです。

 

めちゃくちゃ怖い店長の愛

 

最初に入った不動産仲介会社の支店にめちゃくちゃ怖い店長がいて、睨まれながら働いてました(笑)

ひどいときは朝9時からの朝礼が13時くらいまで続きましたね。

 

――ええっ!?ずっと怒ってるんですか?

 

そうですね(笑)そして言い訳などは一切許されない…

凄い人でしたね、同い年でしたけど(笑)

 

二回辞めたいって言ったんですけど「あかん!お前は今辞めたらダメになる」「逃げたいだけやろ!」って言われて辞められなかったんですよ。確かに逃げたかったんですよ(笑)

 

でもそれが愛情だってことは僕にはわかっていましたし、その方には本当に感謝していますね。

 

――その店長さんも洌崎さんに何か感じるものがあったのかもしれないですね。

 

どうなんでしょう、実際はわかりませんけどね。

その方はとにかく汚い事は一切しないんですよね。嘘をつくこともなかった。逆に嘘をつく業者なんかは取引停止にしていましたね。

 

僕に不動産業界での基礎を叩き込んでくれた人でした。その人がいなかったら僕も汚い事をやるような人間になってしまっていたかもしれませんね。

 

その後何社か不動産関係の会社で勤めてから独立って流れですね。

 

――独立にあたって不動産仲介業を選んだ理由を教えてください。

 

組織に属していたら、勿論売上を上げていかないといけない。この業界の手数料の決まり方って家賃がベースになるんですけど、同じ案件があった時に家賃が高いのと安いのがあれば、会社としてどちらを追いかけるのかって明確じゃないですか。

 

でも、家賃が安い物件を探している人って、これから起業したり夢を持ってやっている人じゃないですか。そこが蔑ろになってしまう。

 

僕はその人たち、自分と同じ立場で頑張っている人たちを本気でサポートしたかったんです。だから独立して、小規模オフィスに特化してやり始めました。

 

もうひとつは、不動産業って土日がメインのイメージがあるじゃないですか。僕が独立した時はまだまだ子供が小さかったから、なるべく土日は休んで子供と過ごす時間を持ちたかった。会社相手だったら土日は休めるので都合もよかったですね。

 

――洌崎さんはご結婚されていますが、起業することを奥様から反対されませんでしたか?

 

反対されましたよ。正直これは僕のわがままでしたからね。やっぱり妻からすると毎月ちゃんとした収入がある方が良いし、独立するにしても準備や試運転をして結果を出してから辞めて欲しかったということは言われました。今は理解してくれているので感謝しています。

 

集客はフェイスブックで〇〇〇を披露

 

――事業を始めてみて一番苦労したのはどういった部分ですか?

 

集客にはかなり苦労しましたね。

 

先程も言ったように会社の特徴を出しにくい業界なので、お客さんが物件を探している時にあえて「ここに頼もう」と思ってもらえない。そこは甘かったですね。

 

最初は異業種交流会に行っていたんですけど、当時の交流会って保険の営業マンとネットワークビジネスの人しかいなかったんですよね(笑)だからしばらく行かなくなって。正直アルバイトで生活費を稼いでいました。

 

――その苦労された集客に関してですが、どのようにして顧客を獲得していったんですか?

 

行っても仕方ないかなと思いながらも、人脈を広げないといけないのでまた交流会に参加するようにしたんです。

 

その頃にフェイスブックが流行り始めていて参加メンバーがガラッと変わっていたんですよ。それこそ「一体何が起こった?」っていうくらい。

 

そこからは積極的に参加して、フェイスブックで繋がって、そこからどういう風にしていこうかという時に、小ネタをするようになりまして(笑)

 

――小ネタですか(笑)それはどういった狙いがあるんですか?

 

僕の日常なんか誰も興味がないし、認知度を上げるには面白い奴と思ってもらわないといけない。その手段としてクスッと笑える小ネタを月曜から金曜まで朝9時くらいにフェイスブックでずっと投稿していました。

 

僕らの仕事は事務所の移転とかなので、知り合ってすぐに相手が僕を必要とするわけじゃないんです。それが数年先の話になるかもしれない。

 

でもその時に、何年も前に名刺交換した僕のことなんか思い出してくれないでしょ。だからフェイスブックで小ネタを投稿していたんです。そしたら覚えていてくれるんですよ。

 

それを通じての紹介が発生するようになってきて、上手く広がっていくようになりましたね。

 

厳しく律された世界を

 

 

――不動産のイメージを変えていきたいとフェイスブックでも書かれていますが、どういうイメージにしていきたいとお考えですか?

 

やっぱり、金だけを追いかけるっていう部分ですよね。不動産業って聞いて「しっかりしてるよね」「安心安全よね」っていう業界じゃないですから。

 

不動産を扱うなら資格が絶対にいるような社会になって欲しいですけど、それには制度改革するしかないですよね。

 

ただ、今のところそういった動きもないので、せめて自分たちだけでもそうしていけたらいいなと思います。

 

イメージとしては弁護士等の士業や銀行等の金融業界みたいに、厳しく律された世界だなって思われるようになって欲しいですね。

 

――洌崎さんの仕事に対する信念を教えてください。

 

やっぱり100%お客さんを満足させるってことですね。僕らが家主さんからもらう手数料はお客様にはわからないんですよ。

 

しかも、業者が提示しないとお客様はアプローチすら出来ないんですね。だからお客さんにとってベストな物件があるにもかかわらず、手数料が多い物件しか紹介しないっていう業者が多い。

 

お金に左右されずにお客さんが求めているベストな物件を出す。それをやり続けるのはしんどいですけど、最初に決めていたことなのでそこは絶対変えないですね。

 

社会的新事業

 

――これからOffice You KIYOはどのような事業展開をしていきますか?

 

今後は貸事務所の仲介だけではなく、任意売却をやっていきたいですね。

 

住宅ローンを払えなくなった人の次のステップのために、金融機関との間を取り持って出来るだけ早く、いい条件で売る。現在任意売却について学んでいるので、年内には事業としてやっていこうと思っています。

 

――では最後に、洌崎さんのようにこれから独立する方へアドバイスをお願いします。

 

独身のうちに起業するほうがいいと思いますね。そしてたくさん失敗してください、死ぬわけじゃないし(笑)結婚していたら、やっぱり失敗できないですから。

 

――既婚者で独立を考えている方はどうですか?

 

できれば会社勤めでいる方がいいと思いますけど、どうしてもやりたいことがあるんであれば、副業で試験的に始めるのをおすすめしますね。

 

やっぱり守るべきものがある立場で自分がやりたいことだけやってたら、それは無責任だと思うんですよ。

 

副業オッケーな会社もまだ少ないですけど、隠れてでも試していって、ある程度形になってから起業する方がいいと思います。

 

会社に不満があったり、逃げたいから独立するっていうのは避けて、準備をしっかりしてから。最低半年間は収入が無くても生活できるようにしておくといいと思います。

 

 

 

 

編集後記

 

顔は怖いが面白い!

実はすごく笑顔が素敵で、しゃべりも抜群に面白い方です。

そして何よりも、まず第一にお客様のことを考えていらっしゃいます。これはお話を聞いた私が一番よくわかります。

起業する方、事務所を探してるが「どういった所がいいのかわからない」なんて悩んでいる方も、徹底したヒアリングであなたに最適な物件を教えてくれますので是非一度ご相談してみてはいかがでしょうか!あと、FBの小ネタめっちゃおもろい。

 

 

取材・文 / 森田 総明

写真 / 細川 俊介


洌崎 博一

株式会社OfficeYouKIYO
代表取締役

大阪府豊中市出身
起業家、ベンチャー経営者向けにコンパクトな賃貸オフィスの仲介業務に注力し、不動産管理業務、収益物件売買、競売代行、任意売却など幅広く事業を展開している。
現在、妻と子ども3人、犬2匹に猫3匹、ネオンテトラとグッピーら小魚とスーパーレッドチェリーシュリンプに囲まれて生活中。

この人を応援したい!
13

洌崎 博一さんへのコンタクトはこちらから

このページの記事掲載者への感想やコンタクトをご希望の方は下記フォームに必要事項を入力し送信ください。
(※は必須入力になっております)

携帯電話のキャリアメールアドレス(@docomo.ne.jpなど)の場合返信できない可能性がございます。
メッセージの内容は事務局が確認し、掲載者へも内容をお伝えします。
また、掲載者への返信をお約束するものではありません。
誹謗中傷や規約に反するお問い合わせなどはお送りできませんのでご了承ください。

   
お名前
メールアドレス
  チェックされた場合は掲載者の方にメッセージと併せてお伝えします
メッセージ
>> 一覧に戻る

紡ぐコミュニティ - 凛人 -

凛では、「夢を紡ぐ」をコンセプトに凛として生き、時代を切り開く人物をご紹介しています。
夢や想いを多くの人に伝え、共感していただき、それを紡ぐサービスを展開しています。

地域から探す

業種から探す

ウェブメディアをご自身の活動に
ご利用ください

現在、当サイトでは掲載希望者を募集しております。
自薦・他薦は問いませんが、掲載には審査がございます。
ご興味のある方は、まずは下記よりお問い合わせください。

>> 掲載依頼はこちらから