夢を紡ぐwebマガジン【凛】- 夢を紡ぐwebマガジン -

今までもこれからも「自立」を大事に思っています。子育てをしていると余計に思います。女性でも「自立」。

妊娠中に起業!えっ?なぜに?そんなハードな選択をした人に出会ったことがありますか?聞いただけでも大変ですよね。でも・・・まさか、もう一波乱あるなんて。突然の裏切りともみえるトラブルにも負けず意志を貫いた魚崎さん。ネイルの技術だけではなく、子育てをする女性の生き方にもこだわりを感じます。詳しい話を伺いました。

 

爪を育てる

 

――ではまず、事業内容を教えて下さい。

 

ヘア・メイク・ネイル・エステのトータルビューティーサロンの中で、ネイルサロンをしています。それとネイリストを育てる講師も兼任しています。

 

技術だけではなく、実際の現場に則した接客対応の研修もしています。

 

――御社のコンセプトである「爪を育てる」。これについて詳しく教えていただけますか。

 

はい。例えば他店から来て頂いたお客様の中にも、ジェルネイルをすること自体にいろいろな不安を持っている方が結構多くいるんですよ。

 

つけていたジェルを取る時に爪を削られてしまったり、自然に剥がれたジェルと一緒に、爪の一層目が剥がれてしまって地爪が薄くなった・・とか・・。

 

どうしても、スピードとか安さを優先してしまうと、施術が粗くなるんですよね。

 

でも本当は、正しい技術によってそういうトラブルは防げるんです。

 

ずっと「ネイル」を楽しんでいられるんですよね。

 

ですので、ネイルサロンアイは「爪を育てる」ことを重要としています。

 

――反応はどうですか?

 

あ、もう全然違いますよ!私が担当しているお客さんからは「爪が強くなった」「折れない」「今までと全然違う!」と言われますね(笑)

 

転身 華やかな美容関係

 

――ネイリストになるきっかけは何だったんですか?

 

高校を卒業してから5年間はOLをしていたんです。とにかくすぐに稼ぎたくて(笑)

でも、ずっとOLをやり続けることに疑問を感じて来てしまって・・・。

 

何がやりたかったのかなぁ?って考えた時、前から憧れていた華やかな美容関係の仕事がしたいと思ったんです。

 

メイクも考えたんですけど、絵がすごく好きだったこともあって、ネイリストを選びました。簡単な理由ですけどね(笑)

 

仕事をしながらスクールに通って、卒業と同時にOLも辞め、まずはネイルサロンに就職しました。

 

就職してわかったんですが、ネイルって「絵」だけじゃないんですよね(笑)

 

でも、そこが楽しかったんです。そこからは「絵」だけじゃないネイリストの仕事にハマっていきました。

 

パワフル女性社長との出会い

 

――それからはどうでしたか?現在までの経緯を教えて下さい。

 

ネイルサロンで1年程勤務した後、水商売の方達を対象にした「深夜営業ネイルサロン」に再就職しました。

 

すごく流行っていましたよ(笑)夜出勤して始発くらいまでやっていました。

 

そのあと、一旦は大手サロンでネイル講師をしていたんですけど、組織に向いていなかったので3カ月で退職(笑)。

 

その後もネイルサロンに就職したんですが、そこの女性社長が物凄いパワフルなんですよ。

 

WEB製作会社も経営されていたんですが、「日銭を稼ぐ方法が知りたい」という理由でネイルサロンの経営をしたような(笑)

 

その社長と相性が合ったのもあって、そこでは6年以上働きました。

 

――そこで鍛えられたんですね?

 

女性も自立しないとっていう考え方を強く持っている社長で、「経営を知っていても損はない」と、スタッフ全員が広報・経理・設備管理・在庫管理・人材育成などのマネージメント全般を叩きこまれたんです。

 

大阪市内で2店舗出していたんですけど、2店舗で年商2400万超えていました(笑)すごかったです。

 

妊娠と起業!?

 

――その時の経験が「独立しよう」ということに繋がったのですか?

 

2店舗を軌道に乗せることが出来ましたし、そのサロンのネイル講師もしました。24人で1クラスのグループを3カ月で卒業させて就職させる。

 

それを数回しましたし、高額なレッスン料のマンツーマンの講師もしました。

 

3年ぐらい続けた後、社長の後押しもあり、もうあとは独立かな・・ということで独立を考えたんです。

 

でも当時、妊娠していまして(笑)

 

――え!?

 

はい(笑)一旦辞める選択もあったんですけど、なぜかその時「起業」を選びました。

 

だから私の起業は「妊娠スタート」なんですよ(笑)

 

――妊娠していた頃に起業!? ちょっとびっくりしますが、そこから始まって今があるという事ですね?

 

はい、今はよかったと思います。でも、起業したての頃はしんどくて・・・ホントに死ぬかと思いました(笑)

 

「なんで社長、あの時止めてくれへんかったんやろ」って、本気で思いましたよ(笑)

 

急にそんなこと言われても・・・。

 

――どんな風にお店を始めたんですか?

 

当時、協力者の方がいたんです。“ネイルの柄を印刷できる機械を世に広めたい”という男性だったのですが、商品を売りたいけどネイルのことはわからない。

 

そこで、ネイルに詳しい私と一緒に2人でアンテナショップを始めました。

 

でも6カ月くらい経った頃、その男性が美容業界大手の代理店を見つけて来て・・・。それをきっかけに、急に「もう辞めたい」と言い出したんですよ!

 

本当に「バッサリ」切られた状態でした(笑)

 

その時、既に従業員も3人くらい雇っていたので、お店は私が引き継ぐことになったんです。

 

その後は経費がどんどん出て行くんですよね。それでも人件費だけは絶対出さないとダメですから。

 

アンテナショップのままの設備だったし、カラーもあまり満足に揃っていないまま・・家賃の支払いも、「稼ぐまで待って下さい!」(笑)とか言ってお願いして(笑)

 

それでも人件費だけは捻出して・・・なんとかやっとの思いで1年くらいはお店をまわしましたね。

 

その間に子供が産まれて。出産前後の本当に動けない時は、スタッフがお店をしてくれていました。

 

大反対

 

――でも大変ですよね。子供が小さすぎると保育園に入れなかったり・・

 

出産後はネットでイベントなんかを見つけては、スタッフにそこにチラシを撒くように指示したり、たまに母に子供をみてもらってお店に出たり、少しずつですが復帰をしました。

 

でも、家族は大反対でしたよ。特に主人には「稼がれへん仕事なんか辞めてしまえ!」とかいろいろ言われましたし(笑)

 

内心、「いつか絶対収入を抜いたる!」と思ってたんですけど、その時は何も言えなかったですね(笑)

 

そうは言ってもやっぱり人件費が厳しかったので、スタッフのうち1人は、私が探したお店に就職してもらいました。

 

もう1人には、土日だけのアルバイトスタッフとして働いてもらい、なんとか続けることが出来たんです。残念でしたけどね。

 

復活!

 

――でも凄くパワフルですよね!そこからは徐々に?

 

それからは少しずつ自分のお給料も出せるようになって。集客にも力を入れることが出来るようになり、お客様も劇的に増え、売り上げも伸び人も3人雇えるようになりました。

 

その間に2人目の子供が生まれたんですけど、お店はスタッフに任せる余裕も出来たので、計画的に経営ができました。

 

一旦リセット

 

――素晴らしいですね!そこから現在までは順調な道のりだったんでしょうか?

 

そこからは4年くらい順調に経営していたんです。でも、ある時に自分が目標とする売上や収入を算出してみると、3店舗の経営が必要だということに気付いたんです。

 

・・・どうしようかなと。でも、やっぱり子供も2人いるし、あまり無茶はいけないなと(笑)

 

ちょうどその頃雇っていたスタッフも、結婚や留学の理由で退職が重なったこともあって、「よし、一度リセットしよう」と思い、縮小しました。

 

最後の1人が辞める頃、現在のサロンのオーナーさんから「ネイルサロンを担当してくれないか」と私に声をかけてくれたんです。

 

ヘア・メイク・エステ、そしてネイルのトータルビューティサロンを経営する為に、一緒に出来るようなパートナーを探していたそうです。

 

私も、今の美容業界はネイルだけではなく、トータルビューティーの時代だなと思っていたところでした。

 

スタッフも辞めて、ちょうど1人身になったので、すぐにお店に入りましたね。お互いのタイミングが合ったという感じです。

 

人を育てる

 

 

――今後の展開を教えて下さい。

 

美容室の店舗の拡大をするので、私も一緒にネイル部門での拡大をします。人材の雇用・育成をする方向で動いています。

 

そして人を雇用して育てて、また経営側に入りたいと思っています。あとは、伸び悩んでいるネイリストのサポートもしたいと思っていますね。

 

ただ、今年は年収を上げたいです(笑)今までそこまで思ったことはなかったんですけど、今年は年収にフォーカスしたい(笑)となると、組織を作って育成していくしかない。自分が今やるべきことはそこしかないと(笑)

 

「組織作り」と「人材育成」ですね。

 

――ではその「組織作り」と「人材育成」においての課題はありますか?

 

ネイルで右腕的な人材を見つけることです。行動力があって素直で明るく志の高い人。出来れば「ママ」がいいですね。

 

同じ境遇で頑張れる。・・・でもママを雇うのは結構難しいんです。子供の熱とかで休まれるとやっぱり困るんですよね。私もママなので、事情はわかるんですが・・・。

 

もちろん、「子育てをしながら働ける」という環境を整えないとダメですけど、ママであっても、その辺りの意識はしっかり持っていて欲しいと思ってしまいますね(笑)

 

お客様は「自分のお客様」という意識を持っていてもらえれば大丈夫ではないかなと思いますが。

 

実際、この美容サロンでは一切広告をかけずに自分の力で集客するんですよ。オーナーさんの指示でスタッフも「朝活」に行っています。

 

スタッフ自身の人脈を作らせていて、とても面白いなぁと(笑)私も人を育成していく上で取り入れたいと思います。

 

ママだからこそ「自立」

 

――仕事をする上での信念を教えて下さい。

 

信念・・・「自立」・・・ですね。今までもこれからも「自立」を大事に思っています。子育てをしていると余計に思います。女性でも「自立」。

 

ほとんどの場合、子育てのメインは女性になるので、自分の経験を通して子供に世の中の事を教えてあげたい。いろんな事を教えてあげられないのは残念なことだと思うんです。

 

女の子であれば、ただ「高給取りの男性と結婚しなさい」というようなことは言いたくない。

 

逆に男の子は家のことでも何でもできないと、これからの時代はダメだと思いますけどね(笑)

 

自分の未来は自分で切り開く

 

――勉強になります(笑)

では、夢を持って頑張っている人、または夢はあるけど尻込みしてしまっている人に何か一言お願いします。

 

私は結婚・出産・育児を経験しました。楽しいことなんですけど、家事・子育て・仕事をコントロールするのは、とても難しいということも解りました。

 

でも、だからこそ、自分の未来は自分で切り開かないといけないと思っています。

 

家族や自分の為でもありますが、仕事をする上で多くの人と関わったり、いろいろな情報を得ることで、これから社会と繋がっていく自分の子供に、「世の中にはこんなに素晴らしい選択肢がたくさんあるんだよ」ということを伝えてあげることができると思っているんです。

 

自分が置かれている環境や人間関係、仕事の中で、ブレない自分を持ち続けることが大事だと思いますし、例えば「ママ」でも自分で収入を得て、自分の軸をしっかりさせる。

 

そうすると、目標を持った仕事の仕方が出来るんだということを伝えたいです。と言う私もまだブレてる時があるかも知れないですけどね(笑)

 

――素晴らしいお話をありがとうございました。

 

 

 

 

編集後記

 

「自立」。このワードは多くの女性にとって、高級な宝石みたいな言葉です。頑張れば手に入る。でも、頑張らなければ手に入らない。そんな言葉だと私は思います。

魚崎さんは、自身の置かれた立場やトラブルにも負けず、意志を貫いてきたという印象を受けます。是非、その辺りのお話もしながらネイルの施術を受けてみたいものです。

ネイルがキレイだと女性は癒されます。それに爪が健康なら尚更ですよね。何度も新しいデザインにトライできますから!

キーボードを叩く指先、食器を洗う指先、子供の洗濯物を畳む指先にウキウキして、毎日を頑張れる気がします。

 

 

取材 / 森田 総明

文 / 吉田 実奈穂

写真 / 細川 俊介


魚崎 恵子

自爪を育てるケアサロンNail Salon Ai
代表

JNECネイリスト技能検定試験2級、1級
NPO法人日本ネイリスト協会認定講師

高校卒業後、会社勤めを約5年間23歳までOLをしていました。その頃に、私が想像していた未来は「このまま結婚して、出産してパートで働きながら子育てして老いてゆく生き方」です。本当にそれでいいの?それが幸せ?と漠然と将来が不安でたまらなかったOLでした。

一度きりの人生。好きな事をして生きていきたいと決意しネイリストに転職しました。

33歳までネイルサロンに雇用されながら、サロンのマネージメント、ネイルスクール講師を経験し独立しました。

2009年~2012年まで「即戦力のネイリスト育成」という内容でネイルスクールをしていました。1クラス10名~30名を3ヶ月間でネイルサロンに就職できるように育成をします。多くの雇用を生みだし、社会に貢献できた事業でした。

2012年第1子の妊娠中に起業して、ネイルサロンを立ち上げ死ぬかと思いました。2013年5月出産。

2015年第2子の妊娠。サロン経営4年目スタッフ3名を雇用しリアルなサロンの仕組みつくりと人材育成に取り組む。2016年5月出産。

2015年から他店舗サロン様の人材育成のサポートにも取り組んでいます。どんな事業も売上を上げるためにもっとも大切なのは人です。サロン未経験者のネイリストを雇用したサロン様に対してオーナー様の思いの分かるネイリストを育成しています。

現在38歳、2児のママになり仕事と家庭のバランスを取ることがとても難しい事を経験しています。それでも楽しく人生を豊かに過ごせる生き方をしたい!依存し合わない夫婦が私の理想、お互いが自分の未来は自分で切り開く力を持つ事で尊敬できる関係を作ることを大切にしています。

この人を応援したい!
15

魚崎 恵子さんへのコンタクトはこちらから

このページの記事掲載者への感想やコンタクトをご希望の方は下記フォームに必要事項を入力し送信ください。
(※は必須入力になっております)

携帯電話のキャリアメールアドレス(@docomo.ne.jpなど)の場合返信できない可能性がございます。
メッセージの内容は事務局が確認し、掲載者へも内容をお伝えします。
また、掲載者への返信をお約束するものではありません。
誹謗中傷や規約に反するお問い合わせなどはお送りできませんのでご了承ください。

   
お名前
メールアドレス
  チェックされた場合は掲載者の方にメッセージと併せてお伝えします
メッセージ
>> 一覧に戻る

紡ぐコミュニティ - 凛人 -

凛では、「夢を紡ぐ」をコンセプトに凛として生き、時代を切り開く人物をご紹介しています。
夢や想いを多くの人に伝え、共感していただき、それを紡ぐサービスを展開しています。

地域から探す

業種から探す

ウェブメディアをご自身の活動に
ご利用ください

現在、当サイトでは掲載希望者を募集しております。
自薦・他薦は問いませんが、掲載には審査がございます。
ご興味のある方は、まずは下記よりお問い合わせください。

>> 掲載依頼はこちらから